社労士を雇うメリットって?大阪の友人に聞いてみました。

社労士を雇った会社この記事を読んでいる方の中に社労士を雇いたいと思っている企業の社長さんなどはいませんか?

でもお金がかかるし、結局何をしてくれるのかわからない?
よくわからないものにお金を払いたくないというのは当然です。

ですので、今回は社労士を雇うと何をしてくれるのかを簡単にまとめてみたいと思います。

今回も大阪の社労士の友人に協力してもらいました。

社労士の業務

社労士は企業の「ヒト」にまつわることのスペシャリストです。
そのため、ヒトにまつわることなら、なんでも任せてみましょう。

・社員の入社や退社の手続き。
・健康保険・雇用保険・社会保険・厚生年金などの各種保険や年金の手続き
・労災問題の届け出
・毎月の給与計算や勤怠管理
・社員の結婚・離婚・扶桑家族の増減などの手続き

などなど。これでもほんの一例です。社労士にはもっとたくさんの業務を任せることができます。

しかし、これを社内で行うとなるとどうでしょうか。

諸々の手続きには時間がかかりますので、1人で行うのは大変です。
特に創業したての会社の場合は、社長や重役がこの業務を行っている会社がほとんどです。

社長や重役にこの業務を任せるよりも、もっと効率よく業務をはかどらせたいと思うのなら、社労士を雇うということが、どれだけのメリットを生むかわかるのではないでしょうか。

これらのことを一気に引き受けてくれるので、新しく人を雇って人事課として育てるよりも、最初からある程度のスキルを持っている社労士を雇うということが、逆にコストの削減にもつながるのです。

また、労働基準法などをはじめとする、業務に関する法令というのは、いつの間にか変わっていたりします。
それを知らずに、昔決めた制度のままでいると、知らず知らずのうちに違反をしていたり、何かしらのトラブルの元となる可能性もあります。

もし、少しでも社労士のことを検討する余地があるならば、ぜひ前向きに検討してみてくださいね。